2006年06月09日

ご心配をおかけしました_(._.)_

a482.jpg

前回、あんな記事をアップしたままお休みしてしまい、
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
そして、本当にありがとうございました。
アニーは、私と父の怒鳴り合いの後、2日ほどは小部屋から
ほとんど出たがりませんでした。
そんなアニーに、これからしばらく、また小部屋の生活に
なってしまうのかと悲しくなりましたが、3日目になると
もうケロッとした様子で小部屋から出たくてしかたがなく、
母の「大丈夫」の声に小部屋から出しました。
昼間は父がいないこともあり、安心して出せたのですが、
夕方以降はまた小部屋に戻ってもらっていました。
父とバッタリ出くわしても、父も特にアニーを挑発することなく
普通にしていてくれ、アニーもまた普通にしていたので
それは思いがけずホッと出来ました。
が、何故かまた母の大きな動きに反応してシャーッと
なってしまうことが続きました。
せっかく落ちついてきていたのに、私があんな態度にでたことで
逆戻りか、と思ったのですが、ここ2日ばかり安定してきています。
3日目の夜は、どうしても小部屋では我慢できず、それじゃあ寝る前に
遊ぼうか、と二階でちょっと疲れるくらいに遊びました。
疲れたら小部屋に戻すはずだったのですが、上の写真のようにコテン。
この寝顔を見ていたら、無理矢理抱き上げて小部屋に連れて行くことが
どうしても出来ず、私もしばらく横にコテン。
父も普通に接してくれていたので、その安心もあって、この夜は
そのまま二階で寝かせることにしました。
でも、私が自室に戻るとアニーもすぐにやって来て一緒に寝ました。
そして少しずつまた元の生活に戻りつつあります。
アニーは神経質なようで、ケロッとして父の部屋に入り込んだりしています(~_~;)
そういうところはアニーの良いところだな、と感謝しています。
そういう態度であれば、やっぱり父も嫌な気はしませんものね(~_~;)
私もほぼ、父とは元通りです(~_~;)
私自身、私が嫌だと思う父の態度と同じような態度をとったことや、
そのせいでアニーを不安にさせてしまった事に自己嫌悪する毎日でした。
でも、アニーがまたすぐにいつものアニーに戻ってくれた事で
私もちょっと立ち直りつつあります。
そして、お休み中にも温かいメッセージを下さった皆様、
見守っていて下さった皆様、本当にありがとうございました。
あんな記事をアップして、それも自己嫌悪していたのですが、
あんな記事にも、アニーと私のことを心配して下さる方がいることに
本当に胸が熱くなり、がんばらなくちゃ!と思うことができました。
本当に、本当に、ありがとうございました!!!

ニックネーム Sunny at 23:27| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする