2006年07月06日

「ヒトのオスは飼わないの?」

オススメです!.jpg

先週、ラジオで米原万里さんの対談のアンコール放送を聞きました。
米原万里さんと言うと、時々テレビで見かける、貫禄のある、
頭の良い、キレる、そして皮肉とユーモアを持ち合わせた、という
イメージがありました。
最初の頃は、ちょっと怖そうなイメージでしたが、
いつの間にか、この人の話は聞いておかなきゃ、と
思うようになっていました。
その米原さんが亡くなったと新聞で知ったのは一ヶ月ほど前。
癌だったことは聞いていましたが、その後、復帰されていたので、
米原さんは乗り越えられたのだな、と思っていました。
米原さんが去年の12月に出演されたというラジオ番組の
アンコール放送があり、幸運にも偶然聴く事が出来ました。
通訳のお仕事や、著作の話、チェコでの少女時代の話や、
ロシアの女性下着事情など、ばたばた動きながらも
面白く聴いていましたら、対談の最後の方になって、
米原さんが猫派である、という話になりました。
え!と思わず動くのを止めて、静かにラジオに聴き入りました。
なんと、猫4匹と犬2匹と暮らしている、とおっしゃっていました。
そして、「私は猫の言葉がわかるんです。犬は、大体わかります。
バウリンガルとか作った人がいるってことは、猫や犬の言葉が
わかる人っているんですよ。だから、私にはバウリンガルとか
ニャウリンガルは必要ないんです。」と言い切る米原さんに
なんだか、ものすごく嬉しくなってしまいました。
そんな米原さんが猫と犬との暮らしを書いたエッセイを
出版されていると番組で紹介され、これは買わずにいられないと、
早速、購入しました。
それがまた、タイトルを聞いて、思わず吹き出しました。

「ヒトのオスは飼わないの?」

読み始めると、もう本の中に引き込まれて、なかなか閉じたくなくなり、
また、半分を過ぎる頃になると、終わりが近づくのが残念な
気持ちになる本でした。
米原さんのクールなイメージがガラリと変わってしまうくらい、
猫と犬のことを本気で心配し、愛して、笑って、泣いて。
私も一緒に笑ったり泣いたりしながら読みました。
愛猫を亡くした喪失感から、もう二度と飼わないと思っていた猫を、
ある出会いから2匹の仔猫を飼い始め、その2匹を
不妊手術させる時の話や、猫語を操る全ロシア愛猫家協会会長さんの話、
情緒安定度120%の犬のゲンの話などなど、最初から最後まで
120%大満足の本でした。
ただ、もう米原さんがこの世にいないということが寂しいです。
こんなに愛情のある人は、早く召されてしまうのでしょうか?
だとしたら、私のような人間は、なかなか天には帰してもらえない
かもしれないな、と、ふと思いました。
米原さんは、いつまでも愛猫・愛犬を守りたかったでしょうに。
アンコール放送の後、アナウンサーの方が、米原さんの愛犬は
里親さんが見つかり、愛猫たちは毎日米原さんの妹さんに世話をされ、
夜になると米原さんを探すように鳴いている、とおっしゃっていました。
近いうちに愛猫たちも里親さんを探すことになるだろう、という話でした。
みんな、米原さんが安心できるように、最後まで幸せな猫生、犬生を
送ってほしいと心から願います。



※お願い※
このブログの右サイドバーに、家族を探している猫たちの
バナー等を貼らせていただいています。
どうぞ、ぜひクリックして下さい。
よろしくお願いします!

ニックネーム Sunny at 14:31| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

kiss♪

集中!.jpg

今日のアニーは、昨日私が書いた記事を読んでくれたのか、
私を起こすことなく一人で階下へ降り、私の代わりに
母に給仕をお願いして朝食を取ったそうです(^_^;)
そして、いつの間にか、私の部屋のノートパソコンの上で
スヤスヤと寝ていました(^_^;)
夜中、窓を閉め切ると、私の部屋はとても暑くなるので、
最近のアニーは、ベッドの上で寝るのが暑くなると、
ベッドから降りて、ノートパソコンの上を、冷え冷えボードの
代わりにして寝るようになりました。
最初の頃は、ベッドの上から直接ノートパソコンの上へ
飛び降りていたので、その度に私は「ああ!」と声を
上げて嘆いていました。それが通じたのか、数日前から
ノートパソコンの上へ直接、飛び降りることはしなくなりました。
今朝も、私が起きるとノートパソコンの上でスヤスヤ。
窓を開けて、部屋の温度が下がってくると、ベッドに移り、
そのまま夕方まで、ずっと寝ていました。

さて、ちょっと前の話しになりますが、偶然見たテレビの歌番組で
ゲストの希望でムツゴロウさんが登場していました。
ゲストの歌手が、猫を飼っていて、最近もう一匹新しい猫を
連れてきたのだけどなつかない、と相談していました。
ムツゴロウさんはエサをあげないでいると、向こうから寄ってきて、
寄って来た時に、手を差し出したりすると舐めてくる。
その舐める行為は人間で言うkissだとおっしゃっていました。確か。
好意を持たない相手に猫はkissしない、ともおっしゃっていました。
なつかない猫にエサをあげない、というのはン〜?と思いましたが、
kissの話は感激して聞いていました。
何故ならば、時々アニーは私の手とか腕とか、時には顔も
舐めてくれるからなのでした!!
母も一緒に見ていたのですが、「アニーは全然舐めないね」と
言うではありませんか!
え?!じゃあ、私だけ(=^∇^=)
ムフフ、ちょっと優越感です。
それ以来、アニーが舐めてくれるとkissしてくれてるのね〜♪と
ひとりニマニマしている私なのでした。
時々はアニーが毛繕いしている時に手を出して、体のついでに
舐めてくれてるみたいな時もありますけどね(^_^;)



※お願い※
このブログの右サイドバーに、家族を探している猫たちの
バナー等を貼らせていただいています。
どうぞ、ぜひクリックして下さい。
よろしくお願いします!

ニックネーム Sunny at 23:43| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

お給仕して下さい。

あぐっ.jpg

昨日は一日外出していました。
外出先は冷房がガンガン効いていて、「わ〜い、涼しい〜」と
最初は喜んでいたのですが、そのうちにゾワッ、ブルブル・・・。
帰り道には私の頭がガンガンしていました(^_^;)

さて、最近のアニー。
もう枕を使っては眠らなくなりました。
私の足元の方で横に伸びきって眠っています。
そして、毎朝5時ごろ、猛烈な甘え攻撃をしてくれます(^_^;)
何故か、また甘えん坊が顔を出し、ちゃんと夜、皆が寝ている時に
お腹が空いても良いように、カリカリを用意してあるにも拘らず、
私が居間へ行って、アニーの前に器を「はいどうぞ」と
差し出さないと食べないんです・・・。
最初は、「食べちゃって、足りなかったのかな」と居間へ行くと、
手付かずのカリカリがあるではありませんか!
「アニー、あるじゃない〜!」と言う私の足元を、
ゴロゴロ言いながら、スリスリするアニー。
仕方なく、「はい、どうぞ」と器をアニーの前に差し出すと
満足気に食べ始めます。
食べ終わると、もう満足して、「下がってよろしい」という態度。
早めの朝食後は、毛繕いをした後、小部屋の棚の上で寝る、
というのが、最近のアニーのお気に入りらしいです。
私は、それから二度寝すると、どうしても寝坊してしまい、
昨日などはギリギリに起きて、慌てて家を飛び出したのでした。
その時、アニーは小部屋のスチール棚の上でスヤスヤ(ーー;)
しかし、私が帰って来ると、スチール棚の上にアニーの姿はありません。
二階へ探しに行くと、なんと寝坊してカーテンも開けるのを忘れた
閉めきった私の部屋のベッドで寝ていました!
「アニー!こんなところで寝てたの?!暑いじゃない?!」
アニーの体の下には、私が朝、脱ぎ散らかしたパジャマが(^_^;)
早速窓を開け、ちょっぴり涼しい空気を入れて、階下へ降りると
アニーもすぐに降りてきました。
そして「お腹が空いた」の催促。
久しぶりに猫缶を開けると、半分くらい食べてくれました。
その際も、どうぞ、とアニーの前まで器を運び、
アニーの首筋をナデナデするという給仕をさせていただいた
私なのでした・・・はぁー(^_^;)



※お願い※
このブログの右サイドバーに、家族を探している猫たちの
バナー等を貼らせていただいています。
どうぞ、ぜひクリックして下さい。
よろしくお願いします!

ニックネーム Sunny at 23:26| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

ごめんよ、アニー。

ん?.jpg

今日の夕飯時、アニーが小部屋で外を眺めた後、
フラリと居間にやって来ました。
この間、父に唸った時と同じ状況で、父の席のすぐ後ろの窓が全開で、
しかもカーテンが開いていたので、私が先走り、アニーが窓に
近寄らないように、二階へ連れて行こうと立ち上がりました。
その瞬間アニーと目が合い、ちょっとビックリした顔をして、
すぐ傍にいた母にシャー!と唸りだしてしまいました。
しまった、私のせいだな、と思いつつ、父の方へ行かないように
祈りました。
すると、母がなだめて、大丈夫かな、と心配しましたが、
手を出して匂いを嗅がせました。
すると、母に威嚇するのをやめて、しっぽも上がってきました。
そして、私の足元をすりっとしたので、このまま二階へ行こうと
私が先に廊下へ出ようとしました。
しかし、アニーは私の方ではなく、小部屋に一番近い席に座っていた
弟に唸りだしてしまいました。
私が振り向くと、弟を凝視して唸っていました。
「アニー、行くよ」と声をかけつつ廊下へ出ようとすると、
アニーもやっとついて来てくれました。
ホッとしつつ、私を追い越して階段を駆け登っていく
アニーの後を登りました。
階段に一番近い客間で遊ぼうと猫じゃらしなどで誘いますが、
どうしても階下が気になって、遊びに集中できず、
すぐに廊下へ出て、階段の上から階下を見つめていました。
階下が気になりすぎて、時々降りて行ってしまいそうになるので、
慌てて猫じゃらしやダンボール・クネクネで誘って、食い止めました。
せめて父が部屋へ戻るまでは、二階にいてほしいと、
これまた勝手な想いの私でした。
今日届いたばかりの本に、「情緒安定度抜群」という
犬が登場するのですが、アニーはやはり情緒安定度は
やや低め、という感じでしょうか。
アニーが安心して、情緒も安定して暮らせるようにしてあげたいな。
私が父を危険視する不安な気持ちが、すぐにアニーに伝わって
アニーを不安にさせてしまったんだね、きっと。
ごめんよ、アニー。


※お願い※
このブログの右サイドバーに、家族を探している猫たちの
バナー等を貼らせていただいています。
どうぞ、ぜひクリックして下さい。
よろしくお願いします!

ニックネーム Sunny at 00:00| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

赤い猫

赤猫.jpg

これは以前ステッチしたものなのですが、
猫ものなのでアップしました(*^_^*)
あるステッチャーさんのブログでこの赤い猫を見た瞬間、
一目惚れしてしまい、図々しくもメーカーさんとタイトルを
メールでお聞きしてしまったほどです。
すぐにご親切に返信をいただき、教えて下さったのですが、
なんと、これはフリーチャート(無料の図案)だったのです!!
すぐに教えて頂いたサイトに飛んで行って、
図案をダウンロードして、ルンルン気分でステッチしました♪

かじかじ〜.jpg

暑くて二階の廊下でダラリンとしているアニーさんの横に赤猫を立てて見ると、「なによ!」とお昼寝を邪魔されたアニーさん、額をかじかじ〜!!
ニックネーム Sunny at 00:36| Comment(12) | 猫グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする