2007年02月06日

不安定

約一週間も更新をお休みしてしまいました。
その間も、このブログを見に来て下さった方には、
申し訳ありません。

先週くらいから、またちょっとアニーが不安定になっています。
最初は先週の月曜日、弟が客間を使っている時に、
コタツの中にアニーも寝ていました。
最初に弟がいる時に、後からアニーが入って行ったそうですが、
熟睡していて忘れたのでしょうか、弟がコタツの中で足を
動かした途端、アニーが唸りながら弟の足に飛び掛って
爪を立て、噛み付いたらしいのです。
それから、私の部屋のコタツでも、毎回のように、
アニーがコタツに入っている時に、後から私が入ろうとすると、
シャーシャー言って中から飛びかかって来るようになりました。
それでも、声をかけて私の顔を見れば、落ち着いてくれていたのですが、
先日の土曜日は違いました。
私が自室のコタツでうたた寝をしていた時のこと。
アニーは暑くなってコタツを出て行ったはずでしたが、
いつの間にか、またコタツの中に戻っていたらしいのです。
私がちょっと足を動かした時、ほんの少しアニーのお尻のあたりに
私の足がふれました。
その途端、唸り声を上げて私の足に飛び掛ってきたのです。
その時、コタツの電気は消していましたから、慌てて電気をつけ、
アニーに必死に声をかけました。
そしてコタツ布団をそっと上げるとアニーが飛んできたので
慌ててまた布団を下げて声をかけ続けました。
そうすると、唸るのをやめたので、そっと私の手をアニーの鼻に
もっていき、匂いをかがせて、それからアニーを撫ぜました。
アニーは落ち着いて、またコタツの奥へ行って寝そべっていたのですが、
私がコタツから出ようと足を動かすと、また先ほどと同じように
ヒステリックな叫び声のような唸り声を上げて私の足に
飛び掛ってきたのです。
その後は、いくら声をかけても唸り声がおさまらず、
私が部屋を出ると、すぐにアニーも体をボンボンにふくらませて、
興奮が冷めない様子で出てきました。
昨年の11月か12月ごろは、外猫の恋の季節の声に、
アニーもちょっとピリピリしていて、よくコタツの中から
シャーシャー言っていましたが、最近はそんなことも
すっかり治まっていて、安心していたのですが。
アニーは全然安心出来ていないのだとな、と思うと、
なんとなく私も気持ちが沈んでしまいます。
私自身も、今はちょっとアニーと一緒にコタツに入るのが
怖い気持ちが出てきてしまい、アニーは客間のコタツを
一人で占領状態です。
コタツの中にいる時と、人間が大きな動きをした時、
最近のアニーは、またちょっと不安定になっています。
なぜなのか心当たりがなく、最近、大きな野良猫君に窓越しに
からかわれたことが、何か関係しているのかな、とか
考えているのですが・・・。
とにかく今は、なるべくアニーを刺激しないようにしています。


右サイドバーの里親を探している子たちの応援も、
引き続きよろしくお願いします!

ニックネーム Sunny at 00:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする