2007年02月23日

いけない、いけない

Sunny…♪.jpg

ぼーっと窓の外を眺めているうちに、
どんどんネガティブな感情が心を占めてゆき、
いつの間にか、とても怖い顔をしていただろう自分に気づきました。
ハッとして、視線を移動させると、バチッとアニーの視線と
ぶつかりました。
小部屋の棚の上に敷いてある毛布の上で丸まりながら、
じーっと私を見ていたアニー。
なんとなく心配してくれてるような、見守ってくれてるような
優しい、でもちょっと不安気な視線。
ここのところ、アニーに安心して暮らしてもらえるように、
頑張ってるつもりだったけど、無意識にでも、とっても怖い顔に
なっちゃってたかもしれません。
そして、ちゃんと、そんな私にアニーは気づいていたのでしょう。
ごめんね、アニー。
顔をパンパン!と叩いて、表情をもとに戻した私でした。


右サイドバーの里親を探している子たちの応援も、
引き続きよろしくお願いします!


ニックネーム Sunny at 00:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする