2006年10月14日

意地悪されて怒られた

何の用?.jpg

何というタイトル!
今日のアニーの気持ちはこんなかしら、と想像して
このタイトルにしました。
昨夜はやっぱり廊下の箪笥の上の布団で眠ったらしいアニー。
朝、私が起きると、まだそこで寝ていました。
(なによ〜、こんな所で寝ちゃってサ。)
ちょっぴりムクれた(なんと大人気ない)私は、そそくさと
アニーに声もかけずに(寝てたし←言い訳)カーテンを開けて
階下へ降りました。
すると、「あれ?」と言う感じでアニーもすぐにやって来ました。
でも、私がムクれてるのを察知して、私ではなく母に甘えて
朝ご飯をねだっていました・・・。
すぐに私が猫なで声を出しましたが、今度はアニーがムクれて
冷たい態度。
昼間は姿を消して、弟の部屋でずっとお昼寝していたらしいです。

そして夜。私たちが夕飯を食べ終わって寛いでいると、
ガサガサッという紙の音が。
ピンと来て、すぐに隣の部屋に飛んで行くと、
アニーがいつものマーキング常習場所で粗相の真っ最中!
「くぉ〜ら〜!!!」
私の怒声に逃げるアニー。でも小部屋までは逃げず
私からちょっと離れた所で私を窺っていました。
「アニー、悪い子!オシッコはトイレ!」という私の怒声に
アニーは「にゃああ・・・」
困ったような、謝ってるような、反論しているような・・・。
その後は、母の傍に寝転んでも、いつものように母のマッサージを
受けられず、しょんぼりアニー。
居間と小部屋を行ったり来たりして甘えていました。

今朝はゴメンネ、アニー。
どこでも好きな所で寝ていいんだよ。
ただ、私と一緒に寝てくれたら、私がとっても嬉しいだけ。
そして、アニーがどんな粗相をしても、
アニーを嫌いになることなんて決して出来ないんだからね。
ただ、この家の家族として、オシッコはトイレでしようね。
アニーならちゃんと出来るから。
次からまた頑張ろうね。

そしてアニーは今夜も上の写真のように、
廊下の箪笥の上の布団で眠りにつきました。


右サイドバーの里親を探している子たちの応援も、
引き続きよろしくお願いします!


ニックネーム Sunny at 00:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする