2006年11月01日

ただいま、アニー!

先週末から昨日まで、母と二人で横浜の妹のところへ
遊びに行ってきました。
お天気にも恵まれ、今回はいろいろ猫に関係する場所へ
行くことが出来、とっても楽しく過ごせました。
ただ一つ、心配だったのは、やっぱりアニーのことです。
アニーが来てから、まる一日もアニーから離れたことは
なかった気がします。
ですから、4日も留守にするのは不安でした。
弟がいてくれましたが(父もこの間留守でした)、
仕事で家に誰もいない時間が長く、捨てられたように
かんじてしまわないかしら?帰って来て、また不安定になって
私たちのことがわからず威嚇したりしないかしら?などなど
心配していると、なかなか行く決心が出来ずにいたのですが、
今回、思い切って行ってきました。
帰って来た時、アニーは居間にいたらしく、
私たちが入っていくと、パソコン机の椅子の影から
思いっきりしっぽを下げて、少々ふくらみながら、
私たちを覗っていました。
(まさか?!)と不安な気持ちをかき消すように、
「アニー、ただいま!アニー。アニー。」
興奮して、ちょっと声が大きくなっていた私(^_^;)
そうすると、すぐに近づいてきて、私が差し出した手の匂いを嗅ぎ、
その途端、しゃがんだ私の膝に思いっきりスリスリしてくれました!
その後から入ってきた母には、私にしたことを、もう一度
最初からして、甘えていました。
ホッと一安心です。
夜は、二階の廊下に置いてある箪笥の上で寝ていたのですが、
私が部屋に行くと、しばらくしてやって来たので、
それじゃあ今夜は早く寝るかと、ベッドに入りました。
アニーも、すぐに上がってきて、いつもの毛布モミモミの儀式の後、
私の腕枕でうっとりした顔でアゴを撫ぜられていました。
いつもだと、しばらくそんなことをしてると、
「もういい」と私の足元へ行ってしまうのですが、
昨夜は違いました。そのまま寝ていたんです!!
やっぱり寂しかったのかな、とちょっぴり?喜んでいると、
段々腕がしびれ、体が痛くなってきました。
それで、ちょっと体の位置をずらしたら、アニーがやっぱり起きてしまい、
また毛布モミモミを始めました。
ああ、これでもう足元へ行ってしまうのね〜、と残念に思っていると、
なんと私の方を見て(でもこれが、ちょっと怖い顔でドキッと
したのですよね、実は(^_^;))、私の顔に向かってズンズン
やってくると、思いっきり私の顔から腕に自分の顔でスリスリし、
また私の腕枕で眠って行きました。
私がまた体をずらすと、その後は私の体にピッタリくっついて
丸まる感じで眠っていったのでした。大感激の夜でした(=T_T=)
でも、今夜は廊下の箪笥の上で眠ったまま、まだやって来ません。
昨日は帰って来た日の夜だったから、特別だったのかしら?
でも、待ってるよ〜、アニー(~o~)

今回の横浜の旅と、その中でgetした猫グッズなど、
また明日以降、ブログでご紹介できたら、と思っています(~_~)


右サイドバーの里親を探している子たちの応援も、
引き続きよろしくお願いします!


ニックネーム Sunny at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする