2007年06月26日

今度はお母さん・・・

家政猫は見た?.jpg

「最近アニーが私の部屋で寝なくなった」、と書いた傍から
アニーは私の部屋でまた寝るようになりました(^_^;)
それが、昨夜は早いうちから、母の寝る部屋の隅の座布団の上で
眠ってしまい、私が寝る頃になっても部屋にはやって来ませんでした。
あのまま寝ちゃったんだな、と思っていました。
そうしたら、母の部屋に、夜中に蚊が出てきたみたいで、
足がチクンとして起き上がって足を掻いていたら、
突然アニーが傍まで走って来て「シャーッ!」と言ったらしいんです。
多分、アニーも熟睡していたのを母の動きにビックリして目が覚めて、
暗い中だし、怖くなって思わず「シャーッ!」と言ってしまった
と思うのです。でも、母はすぐに毛布をかぶって、知らん顔していた
そうで、その場は、何事も無く納まったそうです。
そんなことがあった翌日の今日、夕食後、なんだか落ち着きが無く、
あっちへ行ったり、こっちへ行ったりしながら、母に甘えまくって
いたアニー。母の傍へ行ってはゴロンと横になり、撫ぜてもらって
いました。アニーが尻尾をピーンと立てて、母の周りをウロウロする
ので、母の顔の近くにアニーの尻尾が行ったり来たり。
それで、母がふざけて私に小声で「尻尾にカプッと噛みついたら、
怒るだろうね〜」と言ったのです。
その次の瞬間、アニーが突然まんまるお目目で母を振り返り、
母に「シャーッ!!!」と威嚇したのです(^_^;)
私も思わず心の中で「えええぇぇ〜!!!」と驚きました。
ちゃんと日本語がわかってるリアクション。
それも、甘えていた母に言われて傷ついて怒ってるみたいな・・・。
すぐに母にスリスリはしてくれたのですけれどね。
やっぱり猫は住んでる土地の言葉は理解しているんですね。
母は続けて2回の「シャーッ!」にちょっぴり恐怖が蘇り、
その場は私が二階へ行くとアニーも一緒に上がってきました。
そして今夜は廊下で寝ていたのですが、さっき、私が自室へ戻る時、
アニーの傍へ行ったら、気持ち良さそうに寝ているので、
「みんなアニーが大好きなんだよ」という気持ちを込めながら、
顎を撫でました。
そうしたら、それからしばらくして、やって来ました。
私の部屋へ(^_^;)
ああ、どうか今夜は朝までアニーが穏やかに安心して
眠れますように!



右サイドバーの里親を探している子たちの応援も、
引き続きよろしくお願いします!


akanyan.gif


ニックネーム Sunny at 00:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする